考えゴトの散歩道

天音の迷路な考え事ブログへようこそ。 日々、耳にし目にするさまざまなコトについて、のんびりと、考え事を書いていこうと思います。 たまにお立ち寄りくださると嬉しいです。 ※迷惑コメ対策のため、コメントは許可制です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

風評被害の防ぎ方

NHKのテレビの『東北関東大震災』の文字が、どうも字数が多いのか『関東大震災』に見えてしまう日々。
個人的には、震災が広範囲だったことから「東日本大震災」の方がいいと感じていたりしますが。

それはともかく。
いくら復興局面に入ってきたとは言っても、繰り返される同じニュースに心配を植え付けられている気がしますねー。
もしかして、マスコミ洗脳術ー大量情報流しの術ーとかいう名前がついてないかなぁー。。。
そして、毎回毎回トップで扱われる原発のニュースにいい加減うんざり。
ということで、タイトルは

「天音の考える風評被害の防ぎ方」

いや~、まったく見事なまでの風評被害だなぁと、実は一番最初に原発のニュースが流れた日の翌日から、ある意味感心していました!σ(^_^;)
だって、日本より外国の方が危険な放射能が来るとパニックになってたみたいでしたから!

多分、核を含め原発に対する知識がないので過敏なんでしょうねぇ、日本以上に!
とは言え、日本は震災の大きさにぼう然としていて、少し経ってから事態の重大さにようやく直面出来る状態になったのだという気もしなくはないですが。

それでも放射能・放射線が検出されなければ、本当にただの風評被害で済んだでしょうけれど。
実際に日本のみならず海外でも検出されるこの状態、確実に風評被害が定着するといっているようなものですね。

すでに日本産・日本製品・日本経由のすべてが危険視され輸入拒否・通過拒否が始まっていますが、ある程度事態が収まったあとには、おそらく日本人そのものが放射能汚染を受けたものと風評被害が立つのではないかと見ています。

こうなっては、いくら口で説明したところで納得してもらえるとは思えません。
人間は自分に都合の悪いことは隠そうとするものだから、放射能で汚染されているのを隠しているのが当たり前だと思い、口で言うほど、不信を呼び起こすことになる気がします。

だから、証拠を見せる必要があると考えます。
一番いいのは海外へ行く日本人全員に、簡易型でいいから放射線を測ることの出来る装置を渡し、不安がる人がいたらその目の前で、相手と自分の放射能の状況を見せることでしょう。その装置もIAEAなど第三者的な国際機関が認証したものが望ましいです。
これが無理というなら、せめて空港に放射能を測定する装置を置き、外国へ行く人に対しては日本人外国人問わず、放射線の値がどうであるかを示し汚染されていないという証明書を渡すべきでしょう。
そうでないと、個人レベルで宿泊拒否などされかねないと思いますよ。。。

個人的には、放射能は目に見えるものでなく、日本の中にいてさえ不安を感じているのだから、海外へ行く人だけでなく、国内にいる人特に避難圏の周囲にいる人にこそ、放射線を測ることの出来る装置を持たせるべきと思いますね。

風評被害は不安の現われ。
大丈夫だと唱えるより、安全なのだと証明する方が「早く・確実に」世界に対する日本と日本人の立場を守ってくれるものと思います。

うーん、
でもやはり風評被害もそこまでは悪化しないかなー。。。各国が不安鎮圧に協力してくれることを祈ります。
スポンサーサイト

本日のニュースに思うこと・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | 日本は必ず大地震を乗り越えられる>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。