FC2ブログ

考えゴトの散歩道

天音の迷路な考え事ブログへようこそ。 日々、耳にし目にするさまざまなコトについて、のんびりと、考え事を書いていこうと思います。 たまにお立ち寄りくださると嬉しいです。 ※迷惑コメ対策のため、コメントは許可制です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

春を呼ぶ舞

アップがすっかり遅くなりました。
モノがえんぶりなので一応日付遡りということでUPします。

寒気が一番厳しい頃に行われる八戸の「えんぶり」ー春を呼ぶ舞です。
今年は初めて、市街地中心部で行われる一斉摺りを見に行きました。

20080217_enburi1.jpg
たくさんのえんぶり組がぞろぞろとやってきます。もちろん観光客もたくさんいます。



枚数があって重いので、続きはクリックして以下どうぞ。


20080217_enburi2.jpg
八戸の三社大祭のように、そこかしこで舞を披露しながら、舞っては移動、というのを繰り返すのかと思いきや、ただひたすら行進してきます。



20080217_enburi3.jpg
子供もたくさん参加してます。
小学校前と思われる本当に小さい子から、中学高校生くらいまで。



20080217_enburi4.jpg
この方はこの祭り(?)のメイン、えんぶりの『太夫』のかた。采配を振るう姿はカッコいいの一言です!




20080217_enburi5.jpg
えんぶりは現在2種類あって、この方たちは動きのゆっくりな昔ながらの『ながえんぶり』。



20080217_enburi6.jpg
お囃子というか、唄にあわせて農作業をかたどったという舞を披露しているところです。




20080217_enburi7.jpg
えーと、これは何の型でしょう?



20080217_enburi12.jpg
太夫たちの舞うメインのえんぶりの間には子供たちの縁起舞が披露されます。
ちなみに手前にいる子は、どう見ても小学校一年生以下と思いました。体はちっちゃいし踊りもあんまりうまくなくて,でも必死で一生懸命な様子に目が離せなくなります。



20080217_enburi8.jpg
さてこちらは、隣り合ったところで舞を披露していた別のえんぶり組。
こちらはもう一種類の舞、動きの早い『どうさいえんぶり』です。



20080217_enburi9.jpg
頭にかぶっているこの烏帽子、重いものでは4kg程あるそうで、これを唄や鉦(かね)にあわせて振り回しているのですから、、、大変です。



20080217_enburi10.jpg
これは子供たちの祝福舞の一つ「えんこえんこ」ですね。かわいいです。



20080217_enburi11.jpg
これも子供たちによる祝福舞の一つ『大黒舞』。
こちらの組は衣裳がやけに華やかな気もしますが、、、大黒様なのだから、ま、良いんでしょう。



この2日程のち、お庭えんぶりも見ました。ホント見に行って良かったです。
興味ある人には自信を持って強力にプッシュしてあげます(笑)

それにしてもそれにしても、今回は完全マニュアル撮影でございました。
原因不明で原因不明でレンズのピント調整が動かなくなっていまして。
カメラはまたもや入院です・・・。
スポンサーサイト
本日の見たり聞いたり | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<雪景色 | HOME | 中国は日本に責任を押し付けることを決めたらしい>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。