FC2ブログ

考えゴトの散歩道

天音の迷路な考え事ブログへようこそ。 日々、耳にし目にするさまざまなコトについて、のんびりと、考え事を書いていこうと思います。 たまにお立ち寄りくださると嬉しいです。 ※迷惑コメ対策のため、コメントは許可制です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

感覚はどこまで伸ばせるのか?

これ↑は、↓の感想です(^▽^)

『進化しすぎた脳』 by池谷裕二 講談社ブルーバックス 定価1,000円


なかなかなかなか、名著ですよ、コレ!

脳に関する本は数あれど、神経がどんな風に振舞った結果が記憶になるのか、なんて話をこんな分かりやすく書いてる本って他にないんじゃないでしょうか。
(それでもまぁ専門外の人間にはちょっと飲み込むのは難しいとは思うのですが)


で、自分がすっごく納得し、それでいて興味を持ったのが、脳地図の進化の話と複雑系の話。

脳地図の進化というのは、、、
例えば指がくっついてしまって4本しかない人は、脳地図において5本目の場所がないのだというのですが、手術などで5本にしてやると、脳地図に5本目に対応する場所が出来るのだそうです。
そして著者いわく、もし指が6本あったら脳地図には6本分の場所が出来ていたはずだ、と。
それにおまけでもう一つ。
サルには手を認知する神経があるが、その神経は棒を使って遠くのものを引き寄せようとするとその棒の先で反応する、という。
これは大きな荷物を担ぐとき、その荷物の先にまで神経が行き渡るように感じる『体の拡張』という現象(?)だそうで。。。

ここで自分が思ったのは、道具もまた人間の体の一部となりうるのではないかということですね。

こんな話聞いたり体験したりしたことないですか?
車を運転していて、タイヤの下の路面の状態が感じられるとか。
いい車に乗っていると、ハンドルで前輪の走りの状態、シートで後輪の走りの状態が感じられるとか。
そんな話。
自分だと、パソコンとか、機械類ですかね。音とか振動の具合で調子がなんとなく分かったり、ですか。

これまで人間は、体で、体感している道具を、脳地図をちょっと拡張して体の一部として使ってきたってことですよね。

ここでふと思ったのが、それならネットワークの内部はどうなんだろうということですよ。
いまやケータイやパソコンは第1の道具。しかし使っているのは、その機能というより、ネットワークの中身となりつつあるわけで、、、。

もしかすると、進化しすぎた脳は、言語を操るがごとく、ネットワークも感覚の中に取り込んでいくようになるのではないかと、思ったりするわけです。

こんなことを考えるのは、全身の情報を取り込んで仮想空間で遊ぶというコミックスを昔読んでたせいもあるんじゃないかと。あのコミックス、もう10年くらいは前になるんではなかったかなぁ。。。
([あもいじゅん]さんの@テンションだったかと。興味があれば探してみてください)
最近は仮想空間とかようやく出てきましたけど、まだまだあのレベルまではいきそうになくて、ちょっと残念ですねぇ。もうちょっと気長に待ったほうがいいのかなぁ・・・。

えー仮想空間は、まぁ、脳の感覚はどこまで広げられるのかというあたりへの興味だったりするので、答えはまぁ、誰かが研究してくれることを期待して(苦笑)

後は複雑系。
これは、地球システムを考える上でも非常に有用な考え方ですね。

全体として秩序が起こるのはどうしてなのか? という疑問に対する答えですね。
例えば天体の『三体問題』。
方程式では解けないんだそうです。というか、解けないことが証明されているのだとか・・・。

例えば、鳥や魚は秩序だった動きをする。
しかし式では表せない。
そのシミュレーションを複雑系で実行しようとするときその条件はたったの3つしかないのだといいます。

なんというか、たぶん世の中ってそのくらいシンプルですよね。
そして、その結果と同じくらい予測がつかないものだと思うんですよね。。。
などなど考えていたら、もうばっちり興味が湧いてしまいましたよ。

後で複雑系の本も読んでみたいものですが、とりあえずこの本、もう2回くらいじっくり読み込んで、自分のものにしたいところです。
ホント、他の人へお勧めできるいい本ですので、興味が湧いたらぜひどうぞ(^^)
スポンサーサイト

この本 おすすめします!? | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<道路予算 | HOME | スノボの講習が終わる頃になって考えたことがありました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。