FC2ブログ

考えゴトの散歩道

天音の迷路な考え事ブログへようこそ。 日々、耳にし目にするさまざまなコトについて、のんびりと、考え事を書いていこうと思います。 たまにお立ち寄りくださると嬉しいです。 ※迷惑コメ対策のため、コメントは許可制です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

青い糸トンボ

えー、昨年、デジカメ写真を用意しておいたのに記事にしなかったものがいくつもありました。
でも、中にはそのまま捨てるにはちょっともったいないものがあったりしますので、その中からいくつか拾い出してみます。



20070721_aoitombo.jpg
写真でうまく伝えられないのが残念ですが、このトンボはとてもきれいなメタリックブルーで、まるで光を反射するような美しさです。
名前が知りたいんですが・・・。


この青い糸トンボを見ることができるのは、北八甲田にある田代平湿原。
八甲田山系、と一口に言いますが、実は大きく北八甲田と南八甲田に分かれていて、北と南ではずいぶん感じが違います。南八甲田のほうが北八甲田より標高が高いためで、季節にして一ヶ月近く違う感じです。


さてその田代平湿原。
昨年はその前年に比べだいぶ水が少なくなっているような気がしました。
前年は少し早い時期にはおたまじゃくしの群れを見、遅い時期にはカエルの合唱に迎えられたはずだったのですが・・・。
水が少なくなるのは湿原の宿命らしいのですが、それにしてもこうもはっきり分かるほど少なくなるものなのかどうか。
これはむしろ暖冬の影響を疑いたいものです。

前回の冬場の積雪を気象庁のアメダスで見ると、山頂付近での積雪は例年と大きくは変わらないのですが、町の付近では積雪がまったくない、というような状況でした。
その意味するところは、降水はあるが気温が例年より高く、標高の高い場所でしか積雪として残ることができない、ということです。
これは、降水が雪として蓄えられないということを意味し、雪解け水の減少、ひいては夏場の水不足につながることになります。(実際昨年は津軽平野方面で渇水対策を行っていたはずです。)
これが、田代平湿原の水がかなり減少しているように見えた直接の原因ではないだろうか?
そう思えてならなかったです。

この青い糸トンボ。
行けば必ず見られるというものでもありません。自分も2年ぶりでした。

おそらくは貴重なこのトンボ。
周囲の環境がこの調子では、いつまで見られるものやら、です。
スポンサーサイト

環境問題に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<百人一首 | HOME | 同志 発見!?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。