FC2ブログ

考えゴトの散歩道

天音の迷路な考え事ブログへようこそ。 日々、耳にし目にするさまざまなコトについて、のんびりと、考え事を書いていこうと思います。 たまにお立ち寄りくださると嬉しいです。 ※迷惑コメ対策のため、コメントは許可制です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

朝青龍はモンゴルへ帰るのか?

 時間がかかっても先に八戸三社大祭を書くつもりだったのですが、予定変更で本日のニュースです。

 腰を痛めていると言って巡業を休んだクセに、本国・モンゴルで元気にサッカーしていたことが分かって、二場所の出場停止と謹慎というなかなか厳しい処分を受けた朝青龍。

いざ処分されたら、なんと急性の鬱病になってしまったようです。
現在これを受けて、療養のためにモンゴルへ帰国することが検討されているようです。

本当に鬱病なのか?という声もありますが、それはさておいて。

本当に鬱病なら、確かに母国・モンゴルの方が治療には良い環境でしょう。
朝青龍はあまり日本には馴染んでいないようですから、日本よりモンゴルの方が良いと言うのは十分理解できます。

しかし個人の意見としては。

もし朝青龍がモンゴルへ帰るのなら、もう日本には来ないで欲しいと思います。少なくとも相撲力士としては。


 何故そう考えるでしょう?
現在、相撲以外でもたくさんの外国人が日本で活躍しています。しかし相撲以外の、スポーツ選手などに対しこんなことを考えたことはありません。
それなのに、どうして相撲だとこんなふうに考えてしまうのでしょう?
自分でもちょっと不思議な気がしていろいろ考えてしまいました。


相撲は日本の国技だと言われています。
たくさんのスポーツが行われていて、サッカーなどはある意味相撲以上に人気のスポーツなのに、どうしてそれでも相撲だけがそう言われるのか?
他のスポーツとは何が違うのか?

それは、
 ○もともとは神に捧げる神事であったこと
 ○武道とは言えないまでも、『心・技・体』のすべてを要求されていること
この2つがあって、相撲というのはスポーツの中でも特別なんだという意識がどこかにあるからではないでしょうか。

ともかく、こういったことから、相撲は、ただ勝ち負けを争うだけではないもの、として定着し、今もそれを求められているのだと思います。


では朝青龍はどうだったのか。

確かに彼は強い。技や体は十分だったでしょう。
しかし心という面から見ると。
まるきりなっていなかった、と見るしかありません。

彼の品位の低さは散々取り沙汰されていましたし、仕事仲間といえる相撲協会や力士たちとのつきあいも良くない。
もしかすると朝青龍自身とは直接関係ない方だったのかもしれませんが、先代の高砂親方の通夜をすっぽかすなどという話は、日本においてはあまりにも義理を欠く行為であるし、そうでなくても周囲に何も教えず誰も知らないうちに帰国するなどというのは周囲とまともなつきあいが出来ていないということの現われでしょう。

そんな人が横綱というのはどうなのでしょう。

横綱に昇進させた当初は、いずれ横綱らしい態度が身につくだろうと期待していたものと思われますが、現在までの結果からすると、横綱昇進は失敗だった、と言えると思います。
はっきり言って、今回の一件でこのまま引退しても惜しい人とは思われないでしょう。


今回の朝青龍への処分について思うこと。

二場所の出場停止は妥当。
これはスポーツの世界でも違反者への罰として行われているため。

謹慎処分は、外国人である朝青龍にとってはイジメと取られても仕方ない程厳しい処分と思われるが、これまでの彼の振る舞いを考えると、次のような考えを持って決められたと考えられる。
1,日本人から見てもそれなりに厳しいと評価される処分であることで相撲ファンの怒りを和らげる。
2,横綱への処分が、普通の力士やスポーツ選手と同じ程度の処分では示しがつかない。何と言っても横綱は力士達の頂点に立つ最高の力士であるはずなのだから。

そしてまた、次のような深読みも可能です。
3,今回のように相撲協会の目の届かないところで、朝青龍が横綱としてふさわしくない行動を取ってしまうことを防ぐという、ある意味協会の親心、ある意味協会の保身。


また今回の処分は、普通のサラリーマンと比較してみても妥当と思われます。
今回の件は、大事な(といっても最優先ではなく、優先順位としては2番目くらいの)仕事があるのを知っていたのに、怪我を理由に会社を休んで遊んでいたのが明らかになった、という感じの事件です。

さて、どういう処分がされるでしょう。
横綱相当ならかなり上の役職でしょう、重役クラスですか?
周囲の白い視線は当然ですね。
それに最優先ではないにしても会社の大事な仕事をすっぽかしたのですから減俸や停職、あるいは降格もありでしょう。
もし公式な処分がなくても、反省しなさいくらいのことは当然言われますね。
今回の処分は、減俸(=出場停止)、反省しなさい(=謹慎処分)に当たるので、厳しすぎるとは言うことはないと考えます。


朝青龍はまだ若いということなので、処分の後に失敗を挽回するチャンスを与えることには賛成です。
しかし、処分を受けたからと言って帰国するのであれば、朝青龍にはもう日本に来て欲しくないです。

鬱病と診断されたそうですが。
病気を治すためには母国が最適かもしれませんが。
それで病気を治してまた日本で相撲をやろうというつもりなのであれば、これはもう甘えにしか見えません。
病気になったと言う理由があるにしろ、協会が課した正式な処分という土俵を降りる訳ですから。
その場合、もはや力士の、少なくとも横綱の資格はないと自分は思います。
他のスポーツなら再起もあるでしょう。しかし相撲は、土俵を降りたらそれで終わりです。特に横綱は降格がないという点から考えるとある意味名誉職です。みっともない真似はして欲しくないですね。


朝青龍本人にとってはモンゴルの方がいいでしょうが、横綱という立場に伴う責任を果たせない人に、横綱でいて欲しくはないですね。
日本で相撲を続けたいと考えるなら、病気は日本で治療して、今回の処分を潔く受け止めて欲しいものです。



また、相撲協会にも苦言ですね。
たぶん相撲にはそれだけのものが求められているから国技と言われているのだと思いますが、それを維持するだけの努力がされていないように見えます。
相撲の力士には強さだけでなく、こういった品位が求められているんだというところを示し、きちんとした指導をしていればこんな処分などという事態にはならなかったと思われます。
相撲を、国技だ、日本人にとって特別だと言いたいのなら、相撲人気を気にするのと同じくらい、あるいはそれ以上に力士の品位や相撲のこれからのあり方といったものを考えて欲しいものです。



長々と書いてしまったので "まとめ"。

 Q:朝青龍はモンゴルへ帰るのか?

 A:帰るなら帰ってもいいが(病気なら仕方ないんだから)、帰るならもう相撲の力士としては日本へ来ないで欲しい。

以上、天音が言いたいことでした。
スポンサーサイト

本日のニュースに思うこと・・・ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<八戸三社大祭 その一 | HOME | 田んぼアート>>

この記事のコメント

朝青龍の件は、横綱昇進直前から、いろんなことが相撲界で前例の無いことばかりだったので、相撲協会も対応に苦慮していましたね。

日本では、儒教思想の名残で「名君には心・技・体の発達に努める」ことがいろんなところで求められていますが、スポーツでは欧米式の戦闘式技能の向上を求めるものとどう相容れるかでいつももめますね。

つまりは、「相撲は国技かスポーツか」ということになるわけですが。

多くの国民感情を踏まえた「国技」とするなら、(移籍を含めた)日本人だけのし、別にスポーツとしての「スモウ・レスリング」を作る、という住み分けがあってもよかったのかな。

今回の相撲協会の処分は、「横綱には降格が無い」という制度のための、辞任勧告処分と思っていますよ。
2007-08-26 Sun 10:01 | URL | KODA #-[ 編集]
前例なしばかりの朝青龍。
コレが、横綱降格、あるいは横綱もクビになるの前例にならないことを祈るのみです。
2007-08-27 Mon 13:29 | URL | 天音 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。