FC2ブログ

考えゴトの散歩道

天音の迷路な考え事ブログへようこそ。 日々、耳にし目にするさまざまなコトについて、のんびりと、考え事を書いていこうと思います。 たまにお立ち寄りくださると嬉しいです。 ※迷惑コメ対策のため、コメントは許可制です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

光化学スモッグ警報

えー、大変忙しくしております。
本当は、地震と原発を書こうと思っていたし、先週は青森の新しい美術館でやっている旅順博物館展を見に行って食べたお昼ご飯が面白かったので紹介しようとか、さらにその前には蔦沼に行ったのでその写真とか、書けることいろいろあるのですが。
昨日はハリーポッター最新作を見に行ってしまったし(苦笑)
でも、あれこれ後回し、で本日のニュースより(^_^;)


えー、昨年辺りからの様な気がしますが、日本のあちこちで、なんと光化学スモッグによる外出禁止令が出る事態になっています。
昨年初めて聞いたときは、なんで日本で?日本は大気汚染だいぶ減ったでしょ、東京とか大阪みたいな大都市ならまだしもなんで中規模以下の都市で?と頭が疑問符だらけになったのを覚えています。
でもって、そのあと、汚染物質の越境移動という言葉を聞いて半分納得しつつも、空気のキレイな筈の地域でも起きていることを半分不可解に思っていたのですが、本日、帰りに雑誌Newtonを読んで、非常に納得してきました。


光化学スモッグは、大気汚染の一種(?)で、これにさらされることにより、目の痛みや喘息を引き起こし、酷い場合は呼吸困難に陥るという代物です。
正式名称は光化学オキシダント。
その内容は、ほとんどオゾンと見做すことが出来るようです。

オゾンといえばオゾンホールが有名で、地球大気の成層圏にあって紫外線から我々を守ってくれる大事な大気のバリアーというイメージが強いかと思うのですが、人体には(たぶん生物一般にも)有害で、その強い殺菌作用により消毒などに利用される物質です。
そのオゾンが対流圏下部に作られ、人間にとって問題になり、それがいわゆる光化学スモッグとよばれているということなのですね。

これまで、何故空気がキレイなところでまで光化学スモッグの警報がでるのか不思議に思っていましたが、ようやく謎が解けました。

光化学スモッグの成因は三つ。
1,気温と日射量
2,汚染物質の比率
3,中国韓国からの汚染物質の越境移動

1の気温と日射量というのは気温25℃以上で日射量が多いと地上でもオゾンが作られるのだとか。
マズイですねぇ。25℃なんて夏場ならどこでもあり得ます。
しかも地球温暖化が進んだら、発生確率が高くなるのではないでしょうか。

2,大気汚染物質として有名なNOX(窒素酸化物)。最近は車の効率が良くなって排気ガスもだいぶクリーンになってきたのですが、それがある意味仇になっているようです。
NOXが光化学スモッグを作る時にはVOC(揮発性有機化合物)も必要なのだそうですが、この時NOX<VOCであるほどオゾンを作る化学反応が速くなるということで、NOXが減ったことにより以前より光化学スモッグが作られやすくなっているということのようです。

3,言わずとしれた汚染物質の越境移動。
汚れた大気はそれだけで十分有害です。
それに加えて、地球温暖化による気候変動により大気の流れが変わり、中国から日本へ汚れた空気が流れてきやすくなるという話も。
日本は文字通り中国の風下にいる訳ですから、本当に困ったものです。

ともかく、光化学スモッグが出来る理由、非常に納得しました。


それにしても暑い・・・。
ただでさえ暑いんだから、光化学スモッグまではいらないヨ・・・・・。
スポンサーサイト

本日のニュースに思うこと・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<水沢VERA天文台一般公開 | HOME | 不動心>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。