FC2ブログ

考えゴトの散歩道

天音の迷路な考え事ブログへようこそ。 日々、耳にし目にするさまざまなコトについて、のんびりと、考え事を書いていこうと思います。 たまにお立ち寄りくださると嬉しいです。 ※迷惑コメ対策のため、コメントは許可制です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ひとこと言いたくなるニュース1

何かと忙しいと世の中の動きから取り残されそうな気がしてならないので、ニュースだけはできるだけチェックしているのですが、もう一言も二言も文句をつけたくなるようなニュースがいっぱいですねぇ・・・。

さて。ということで、まずは年金問題。


社会保険庁が徴収した年金の内、
 ○ およそ5000万件が誰のものか分からずに宙吊りになっていて、
 ○ およそ1400万件がデータにも載っていない
というこの問題。

阿部総理は、社会保険庁や国への不信感を払拭するために、このデータを整理して、年金を払った人を救済するために1年で解決すると約束しましたが・・・・・。

はっきり言いましょう。

そんなの、できる訳ないじゃないですか!


ざーっとニュースなどを眺めていると既に様々な問題点が指摘されているので、それらを一つ一つ取り上げることはしませんが、、、しかし問題とその対策方法を眺めていても、なお自分は、そりゃいくらなんでも無理なのでは!?と思わざるを得ませんねぇ。


確かに、計6,000万件以上というこの件数は大きいですよ。
そうそう短時間で終わらせられるものではありません。

しかし、自分が最大の問題だと考えるのは、データがきちんと間違いなく本人のデータになっているかをどうやって確認するのかということです。

はっきり言って、今載ってきているデータだとて、本当に正しいかどうかは怪しいものだと、自分は思ってます。
これまでに明らかになったところによると、単純な打ち間違いやコンピューターへのデータ移植後の確認不足が多いようです。
最新の年金手帳なら、さすがに氏名や性別の間違いは少ないかもしれませんが、載ってきているデータの内容が本当に正しく反映されているかどうか、怪しいと思いますね。
金額の間違い、時期の間違い、どれもあり得そうです。

また、既にあるデータ(誰のものなのか分からない5000万件)を、個人とどうやって照合させるかというという点も問題です。

例えば、「同姓同名かつ誕生日が同じ」という人の組みあわせはまずほとんどいないでしょうけれど、「生年月日が同じ人」で検索したら読みの同じ「同姓同名」の人が出てくることは十分あり得ますし、そもそものデータに間違いがあったら、探せないということになりかねません。
いくら実績のある会社に良いソフトを作ってもらっても、機械に確認はむりではないでしょうか。

人の目で、これだけの数を確認、するわけですか・・・?
1年で?


国は第三者機関を作ってそこで年金を払ったはずの人を認定してもらおうなどと考えているようですが、第三者機関で確認してもらおうと言うこと自体、自分たちでは確認できないということを示しているようです。
また、結果を誰がどうやって確認するのか、まるきり触れられていないところも心配なところです。
データ件数自体はこなせる数かもしれませんが、急いだ結果手のつけられないような間違いがまた増えるということになったら、目も当てられないなぁ、と思わざるを得ない、といったところですね。


いっそのこと、年金を払った人全員に現在の時価相当額でお金を返してあげたほうがよほど良いのでは? と考えてしまう天音でした。
スポンサーサイト

本日のニュースに思うこと・・・ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ひとこと言いたくなるニュース2 | HOME | カメラ復活!>>

この記事のコメント

記載漏れだけでなく、記載ミスも多々あったようです。

自分の年金を確認しに行った方が、就職前の学生時代に年金を払っていたとの記録があり、「これ間違いだよ」と指摘したら、担当した役人は、「バイトでもしていたんじゃないの? 家族とか親戚があなた名義で年金をかけていたんじゃないの?」と、そのかく自分たちのミスを認めようとしない。

そういう、ミスを認めない、という体質自体が問題なんでしょうに! 今回はミスが発覚しているんだから、現場はそのことを真摯に受け止めて、申告者の話をちゃんと聞きなさいよ! と言ってやりたいですね。


ともあれ、忙しくてもニュース・チェックは必要ですね。話題のミュージシャンとかはどうでもイイけど。ケーター買って、通勤時間にワンセグTVでチェックするとか… 電話機能は使わないで(^_^;
2007-06-09 Sat 07:33 | URL | KODA #-[ 編集]
情報ありがとうございますm(_ _)m

記載漏れ/記載ミスについてですが、自分は人間を「間違える生き物だ」と思っています。
なのでこういったことはあって当たり前と思っているし、もっというと、最初からそういう意味では国や人間をまるきり信用してません。特に、自分は絶対大丈夫、とか、自分は絶対正しい、なんて顔をしている人をみるともう胡散臭くて×2仕方ありません。
だからこそシステムには例えばフェイルセーフとか、2重3重のチェックとかが絶対必要だと思ったりしているんですけどねぇ。
役所の人間ってそういう発想ないんですかねぇ?

まぁとにかく今回の件は、そういう意味での間違いが組織的に行われて問題化したものと言うべきものと思えます。

しかし、これらのチェック。
いますぐやらなければいけない事なのは間違いないことですが、税金の無駄遣いもイイトコですよ。そもそもきちんと仕事してればこんな無駄遣いしなくて済むわけで・・・。
これ、訴訟起きたら国負けるんじゃないでしょうか(^^;)
2007-06-11 Mon 00:34 | URL | 天音 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。