考えゴトの散歩道

天音の迷路な考え事ブログへようこそ。 日々、耳にし目にするさまざまなコトについて、のんびりと、考え事を書いていこうと思います。 たまにお立ち寄りくださると嬉しいです。 ※迷惑コメ対策のため、コメントは許可制です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

気になったこと

さてさて、日々ストレスため込んでる天音です(苦笑)
最近の残業は、お付き合いさせられる!?方が子持ちなので8時までにしたいとおっしゃって、とっとと帰ってくださるので、残業としては割と早い時間に帰れるのですが、しかし!
事務とかの日々変わり映えしない片付け仕事自体がものすっごいストレスな自分には、実に大変です。
こまごまとした仕事の大事さを否定する気は欠片もないですがしかし!
やっぱ向いてないよ自分。
こんな日々神経すり減らしていくだけの仕事なんて毎日首絞められて殺されてるようなものだとホント思います。
こんなの、良くやってるよなぁ自分。


さてさて本題、気になったこと。
それはテレビ。
正確にいえば、テレビによる思考操作がひどいなぁということ。

すっかり時流を逃しているけれど、
国会のあまりにもお粗末なドタバタ劇と、バンクーバー5輪の日本の報道の偏りは、見るに堪えないというか、目を覆いたくなる代物な気がします!

こちらはまだ半分続いていますが、たとえば鳩山氏および小沢氏のお金の問題。
これまでの自民党は、お金の問題で追及される立場だったように思ったのですが、野党になった途端、金の問題を追及しはじめましたね~。
で、お笑いなのは、追及されるのは元自民党の人であること。
自浄能力を発揮して~なんたらかんたらと言っていましたが、自浄能力がないのは、自民党だったからでは!?とチャチャを入れたくなったりします。

自分は今の民主党で問題にされている人たちに辞めてほしいとは、特に思っていませんねぇ。
というか、鳩山・小沢さんがこの汚点を上回る仕事してくれれば全部チャラにしていいじゃないかとさえ思っています。
この際日本を良い方向に向けてくれれば、恩の字デス。
失敗したら辞めさせればいいという風潮のようですが、それで一体彼らはどんな責任を取ったことになるのかと思いますから。

それに国会のドタバタ劇。
ニュースで取り上げられる国会中継の場面を見ていると、国会って何をやるところなんだろうと考えてしまいますね。
問題を起こした議員の証人喚問を求めるということは、議員個人の不始末を追求しようということだし、
発言の上げ足を取ったり、基地問題を解決できなければとかアメリカと日本はうまくいかなくなると危機感をあおりたてる様子からは、日本を良くしよう良くしたいという姿勢は一向に窺えない。
それにいわゆる議論には全く思えないわけで、、、。
議員と言うのは国の税金を給料としてもらっているわけだから、その彼らが個々人の追及にきゅうきゅうとしているのを見ると、一体彼らは何をやっているのだろう、こんな国会ならやらない方が良いのでは?って考えてしまいます。

テレビは、国会でこういう場面がありましたと紹介するのはいいのですが、国会は迷走していて、日本の未来は暗い、これからも迷走が続くと、そういう方向で番組を作り、そういう方向へ世論を形成している気がします。


それから、5輪。
特集してくれるのはいいのですが、他の国から参加者はいないのか?と聞きたくなりました。
紹介されるのは日本人日本人日本人。。。

いえ、自分だって日本人。
日本人にメダルとって欲しいと、ものすっごく思っていますよ!
しかし!
放送を見ていて、メダルの圏内にいる選手に光が当てられるその一方で、この競技の前回の優勝者とか、競技の歴史とかは何もなく、その上今大会でライバルになる人たちがいるのかいないのかさえ分からない状態。
日本人が参加する競技の選手って日本人しかいないの!?って聞きたくなったのは自分だけでしょうか???

もちろんちゃんと競技を見ていれば、いろんな選手がいて、今の日本人選手がどんなレベルにあるとかわかるのでしょうが、
自分みたいな「にわか観客」のしかも「競技を見ることもない一般人」ではわかりようもないですよね。
日本人を紹介してくれるのはありがたいですよ。応援したくなりますよ。
けれど、自分、もっと客観的な事実も知りたいんですけど?

他の国の選手だって、みんながんばってきてるわけですよね?
その人たちって無視できるほど弱いわけでしょうか?
そういう人たちの中での日本人選手の国際レベルってどのくらいなんですか?

自分が持ったこれらの疑問、ごく妥当なものとおもうのですが、ねぇ。。。

ともかく、思ったのは、
メダル圏内だと騒がれる日本人選手を見せられて、応援を目いっぱいしたのに、負けてしまった、あるいはメダルが取れなかった、としたら、負けた人たちへの風当たりすごく強いですよね。
メダルだって頑張ればとれる~みたいな報道ばかりだったから、まるで負けた彼らは頑張れなかったんだとか、あるいは負ける選手が悪いみたいな、そんな感じに見られかねない。
そんなプレッシャーを自国の選手たちにかける日本人って、ある意味選手たちの足を最初っから引っ張っているかもしれないですよねぇ。
死んだら骨は拾ってやる!だから思いっきり気持ちよく爆発して来い!くらいの潔さで気持ちよく全力出させてあげたいと思うのは自分だけじゃないと思うんですが、ねぇ。。。

テレビが日本人選手の応援を盛り上げようしているのはわかりますが、日本人選手ばかりを紹介し,日本人のメダル可能性ばかりを追求することで、客観的な情報はどんどん少なくなり、取り入れる情報も日本人に偏って行くわけで。
こうやってどんどん視野の狭い人が増やされていくんでしょうね、きっと。


テレビを見ていると、つまらない方向にばかり思考が刺激されていく気がします。
情報には人の意識を変えさせる力があるのだから、もっと楽しくなるような方向へ向けて欲しいものですヨ(><)

スポンサーサイト
ちょっと思ったこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。