考えゴトの散歩道

天音の迷路な考え事ブログへようこそ。 日々、耳にし目にするさまざまなコトについて、のんびりと、考え事を書いていこうと思います。 たまにお立ち寄りくださると嬉しいです。 ※迷惑コメ対策のため、コメントは許可制です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

風評被害の防ぎ方

NHKのテレビの『東北関東大震災』の文字が、どうも字数が多いのか『関東大震災』に見えてしまう日々。
個人的には、震災が広範囲だったことから「東日本大震災」の方がいいと感じていたりしますが。

それはともかく。
いくら復興局面に入ってきたとは言っても、繰り返される同じニュースに心配を植え付けられている気がしますねー。
もしかして、マスコミ洗脳術ー大量情報流しの術ーとかいう名前がついてないかなぁー。。。
そして、毎回毎回トップで扱われる原発のニュースにいい加減うんざり。
ということで、タイトルは

「天音の考える風評被害の防ぎ方」

いや~、まったく見事なまでの風評被害だなぁと、実は一番最初に原発のニュースが流れた日の翌日から、ある意味感心していました!σ(^_^;)
だって、日本より外国の方が危険な放射能が来るとパニックになってたみたいでしたから!

多分、核を含め原発に対する知識がないので過敏なんでしょうねぇ、日本以上に!
とは言え、日本は震災の大きさにぼう然としていて、少し経ってから事態の重大さにようやく直面出来る状態になったのだという気もしなくはないですが。

それでも放射能・放射線が検出されなければ、本当にただの風評被害で済んだでしょうけれど。
実際に日本のみならず海外でも検出されるこの状態、確実に風評被害が定着するといっているようなものですね。

すでに日本産・日本製品・日本経由のすべてが危険視され輸入拒否・通過拒否が始まっていますが、ある程度事態が収まったあとには、おそらく日本人そのものが放射能汚染を受けたものと風評被害が立つのではないかと見ています。

こうなっては、いくら口で説明したところで納得してもらえるとは思えません。
人間は自分に都合の悪いことは隠そうとするものだから、放射能で汚染されているのを隠しているのが当たり前だと思い、口で言うほど、不信を呼び起こすことになる気がします。

だから、証拠を見せる必要があると考えます。
一番いいのは海外へ行く日本人全員に、簡易型でいいから放射線を測ることの出来る装置を渡し、不安がる人がいたらその目の前で、相手と自分の放射能の状況を見せることでしょう。その装置もIAEAなど第三者的な国際機関が認証したものが望ましいです。
これが無理というなら、せめて空港に放射能を測定する装置を置き、外国へ行く人に対しては日本人外国人問わず、放射線の値がどうであるかを示し汚染されていないという証明書を渡すべきでしょう。
そうでないと、個人レベルで宿泊拒否などされかねないと思いますよ。。。

個人的には、放射能は目に見えるものでなく、日本の中にいてさえ不安を感じているのだから、海外へ行く人だけでなく、国内にいる人特に避難圏の周囲にいる人にこそ、放射線を測ることの出来る装置を持たせるべきと思いますね。

風評被害は不安の現われ。
大丈夫だと唱えるより、安全なのだと証明する方が「早く・確実に」世界に対する日本と日本人の立場を守ってくれるものと思います。

うーん、
でもやはり風評被害もそこまでは悪化しないかなー。。。各国が不安鎮圧に協力してくれることを祈ります。
スポンサーサイト
本日のニュースに思うこと・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 |

日本の政治家が大間違いだと思うこと

 先日、民主党政権で内閣の改造が行われて、今朝の新聞では内閣支持率があがったとありましたが、、、。
まぁ、期待したいという気分は理解できるのですが、こんなコロコロ変わる数字が本当に支持している数字なのかなぁ?と思ったりします。

 さて、いわゆる政治家って何だと思いますか?
自分は、職業だと思います。
なぜ?
だって、お金もらって仕事してる訳でしょう?
通常の仕事のように、「働く時間が決まっている」「やることの範囲が誰かに、もしくはなにかに決められている」という訳ではないですが、ついでに「政治活動するための議員になる条件が選挙で当選すること」という特殊性はあるでしょうが、
結局のところ、
「何らかの仕事をして、お金と満足(達成感)を得ている」
という点において、通常の職業と変わらないものだといえると思うからです。

その点から見て思うことは、日本の政治家って仕事をしてくれるという期待を基準に選ばれていない、ということでしょう。
いえ、一応は、選挙で民主党が選ばれたように期待が投票を左右してはいます。
ただそれが、議員が仕事に責任を持つということに直結していないだけで。

選挙で選ばれる政治家は、選挙で選ばれることが基準で、それがゆえに国民のためにどんな仕事ができるか、どんな仕事をやろうとしいているのかという基準になっていない、と自分には見えます。

日本の政治は、人気投票をやっているように見える。
それが、日本の政治家が大間違いだと思う理由かもしれないですね。

管氏の発言を見ていて、「小沢氏のことなんてかまっていないで、日本の何をどうするのかという具体的な方針と方策を出してくれ!」と思う天音さんでした。
全然期待してないな、自分。。。
本日のニュースに思うこと・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 |

気になる口癖

このところ残業続きですが、ニュースは朝なり、夜遅くなりに見ています。
で、最近選挙が近いからか政治関連のニュースが多くて。

なので、ちょっと気になるんですよねぇ。
麻生総理のく・ち・ぐ・せ。

「しかるべきときに」
「しかるべき時に」
「然るべき時に」

実に都合のいい言葉です。

口当たりも良く、聞く側に判断を留保させる、そして何よりも何もやらないことできていないことに対する逃げ切ることのできるであろう言い訳として。

「然るべき時に」というのは、自分の都合のいい時、あるいは状況的に見て望ましいときに、
ということは、都合が悪ければやらない、もしくは先延ばしにするということですよね。

状況がいい時ってそんなにあるんですか?
状況が好転しないからこそ対策を打たなければならない時ってあるんじゃないですか?

どちらかというと、そういう状況の悪い時に良いリーダーに日本を引っ張って欲しいし、今の日本はとにかく悪い状況にあると言って間違いないわけだから、それこそ然るべき対策というものを出して欲しいと思うわけです。

然るべき時に~な麻生総理を、誰ぞ叱ってやってくれないもんですかねぇ。。。
この方の口癖、いい加減聞き飽きました。もう十分です。

本日のニュースに思うこと・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 |

なんか最近有名人の死亡多し

昨日の新聞に「マイケル・ジャクソン」死亡の記事。
なんか最近自分も知っているような有名人の死亡がニュースに多く流れている気がします。

母が毎週見ているNHKの歌謡コンサートでは誰それの追悼特集みたいな感じが続いていたようですし、自分はよく知らないけれど日本のロック界の大御所忌野清志郎さんとかもついこの間、みたいな気がしています。
自分はあまりテレビで音楽番組を見ないのですが、さすがにマイケル・ジャクソンはわかります。
代表作は「スリラー」かな?
自分が音楽クリップを見たことのあるほぼ唯一の人かも(苦笑)

マイケル・ジャクソンと言えば最近は音楽よりも本人のゴシップが多かった気がしますが、昨日の新聞記事を見ていて、もしかしてこの人自身がものすごい子供だったのかなと思いました。
なので、仲間みたいな感じが欲しくて子供にちょっかいを出して訴えられたのかなとか、そんな気がしました。
活動再開を前にして、残念にして可哀そうなことです。


しかし、一番ショックだったのは!
もう、先週、先々週になりますか。。。
栗本薫氏 死去のニュースです。
もう、ものすっごくショックでした。。。。。

グインサーガは、長いのがわかっていたのであらかじめ手を出さなかったのですが、自分は魔界水滸伝の長年の大ファンなのです。
グインサーガが出ているからまだ大丈夫、書いてくれるだろうと思っていたのに。。。
御病気で、まだそれほどの落としでもなかったようなのに亡くなられるとは・・・(号泣)

あの、何度読み返しても発見がある文章は、
あの、何度も読み返したくなる物語の展開は、
あの、思わずそうなのか!?と驚かされる人々の心の微細な動きの描写は、

他の人には真似できないものでしたのに。。。


今の春、テレビでグインサーガがアニメ化されて、じゃぁ見てみようと思って見た瞬間ハマってしまったばかりなのに、シリーズも終わっていない、らしいのに。
これは、すべて購入して残すしかないですね・・・。
栗本以外の名前で書いたものも数冊読んでいましたがそちらもすごかったので、できればそちらも小説関係は欲しいのだけれど、、、。
本当に残念です。
もう、栗本氏の作品を読めないとは。。。

こんなネットの片隅からですが、心よりご冥福をお祈りします。(合掌)

本日のニュースに思うこと・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 |

中国は日本に責任を押し付けることを決めたらしい

言わずと知れた、中国製ギョーザ事件です。

これまで何も書いてきませんでしたが、まぁ、思うトコロ、ホントいろいろありました。
ホント、たくさん。

日本の各所の対応も褒められたものではありませんが、それよりも呆れたのは中国の態度。
まず、食品会社社長の『我々こそが被害者だ』発言。
消費者軽視も甚だしい。
消費者の被害と比べて、自分たちのほうが被害が大きいと言いたいのでしょうが、消費者の被害と自分たちの儲けを同列に比べることこそがそもそも間違いです。
中国には、被害にあった人こそが一番の被害者だという考えがないということが、端的に表れた会見でした。
この一件で製造はストップ、商品のお金が入るどころか回収費用などの損害を出したのかもしれませんから彼らの気持ちも分からなくはありませんが、だからといって消費者を軽視していいはずはありません。
お金を出して商品を購入するのは、その商品にそれだけの価値があると判断するから購入するのです。
それなのにこの発言。
こういう会社の商品は買いたくないものだ、と思います。

そして今度は中国の警察当局。
今回の事件では非常に素早い対応を見せ、この問題を重要視しているなと思ったのですが、、、。
共同捜査までした結果が、『中国の側に問題はない・日本の捜査は信用できない』というものでは、あまりにお粗末というかなんというか。。。

捜査しても原因も犯人も見つけられなかったので、日本に責任を押し付ける形にしたのか、、、
それとも、何か非常にまずいコトが判ってそれを明らかにできないからこういう発表にしたのか、、、
あるいは、そもそもこの捜査が対外的に自国の商品には問題ないということをアピールするために行われたもので最初から出来合いの捜査でしかなかった、、、
という辺りのことが想像されます。

どうやら中国の政府は、この問題の原因を日本に押し付けてもみ消すつもりのようですね。
これまでの、中国以外の各国で問題となった中国製品の危険性を何とかしないと貿易に差し支える、などそういった問題を「本当には」解決しようと思っていないのでしょう。
安全には気を配っている、だから危険はない、と調査結果を出し、この問題は自分たちのせいではないとして対外的に公表する。
結果として、この事件が起こった原因はそのままにされ、中国製品への信頼は地に落ちたままになるということを判っているかどうかも怪しいです。
中国には製造者責任という言葉、ないんでしょうかね。
少なくとも購入するまでは、商品は会社のものだと自分は考えるのですが・・・。

ともかく中国の警察当局自体が、実際に起こってしまった問題の原因を追究せずに現状を追認したわけですから、このような事件は、また起こる可能性が<<大>>です。
それも、中国製の製品すべてにおいて、です。

これらの一連を見て判断されることは、中国にとって安全とはお金より価値が低いということでしょう。
衛生や安全をアピールして見せても、それはあくまでお金を儲けるため。
消費者が買ってくれなくなるから、と気を使ってみせているだけなのでしょう。
したがって、中国の生産物そのものが安全にならなければ、中国製品の購入には常に危険が伴うということになる。
自分の肝に銘じておくしかありませんね。
どうやら食品の次には中国製医薬品の危険が待っているようですから本当に気をつけたいものです。



ものはついででもう一つ、安全性について思うこと。

別に食べ物に限らないことですが、日本のものでもぜったい『安心』とはいえないこの世の中。
消費者はもっと安全を追求したほうが良いのではないかということです。
なぜかといえば、人間にとって安全としている国の基準が、実はそんなに安全じゃないことにあります。

実は自分、今アレルギー直前までいっているっぽい感じがしています。
なぜこんなことが判るかといえば、すでに金属アレルギーになっているから。
そのときの経験から言って、まだ、それほど酷い状態ではないけれど、これはアレルギー一歩直前と判断されます。
背中とか赤くこそなっていないですが湿疹みたいにボコボコな感じになって、痒い、という辺り、すでに軽度のアレルギーかもしれません。

シャンプーとかの成分が背中に垂れるとそうなるという話を雑誌で読みましたが・・・。
いったい誰がそんなものを疑いますか?
医薬部外品とあれば、それは曲がりなりにも国の検査を通っているわけですよね?

雑誌によるとパラベンとか、フェノキシエタノールとかの合成の保存料成分がこういった症状の主な原因らしいです。
検査において、単品では大丈夫と判断されたのかもしれませんが、自分のように最初は大丈夫だった人間を蝕んでいくようではとても安全とはいえないですよねぇ。
いかに国の検査機関といえども長期間使用の影響力などについては判っていないのでしょう。
とりあえず自分は本格的なアレルギー症状までいかないようにするため、成分表示を見て、極力そういったものを取り入れないようにすることに決めました。
自然派を謳っていてもこういった合成の保存料が入っているのですから、うかつにモノは買えませんねぇ。(苦笑)

中国の件も当てはまりますが、食品も医薬品も国が安全を保障できない以上、消費者が安全なものを追求していくしかないのでしょう。
今後は消費者一般の意識向上&出回る製品の品質向上を祈るしかありませんね。

本日のニュースに思うこと・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。