考えゴトの散歩道

天音の迷路な考え事ブログへようこそ。 日々、耳にし目にするさまざまなコトについて、のんびりと、考え事を書いていこうと思います。 たまにお立ち寄りくださると嬉しいです。 ※迷惑コメ対策のため、コメントは許可制です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

風評被害の防ぎ方

NHKのテレビの『東北関東大震災』の文字が、どうも字数が多いのか『関東大震災』に見えてしまう日々。
個人的には、震災が広範囲だったことから「東日本大震災」の方がいいと感じていたりしますが。

それはともかく。
いくら復興局面に入ってきたとは言っても、繰り返される同じニュースに心配を植え付けられている気がしますねー。
もしかして、マスコミ洗脳術ー大量情報流しの術ーとかいう名前がついてないかなぁー。。。
そして、毎回毎回トップで扱われる原発のニュースにいい加減うんざり。
ということで、タイトルは

「天音の考える風評被害の防ぎ方」

いや~、まったく見事なまでの風評被害だなぁと、実は一番最初に原発のニュースが流れた日の翌日から、ある意味感心していました!σ(^_^;)
だって、日本より外国の方が危険な放射能が来るとパニックになってたみたいでしたから!

多分、核を含め原発に対する知識がないので過敏なんでしょうねぇ、日本以上に!
とは言え、日本は震災の大きさにぼう然としていて、少し経ってから事態の重大さにようやく直面出来る状態になったのだという気もしなくはないですが。

それでも放射能・放射線が検出されなければ、本当にただの風評被害で済んだでしょうけれど。
実際に日本のみならず海外でも検出されるこの状態、確実に風評被害が定着するといっているようなものですね。

すでに日本産・日本製品・日本経由のすべてが危険視され輸入拒否・通過拒否が始まっていますが、ある程度事態が収まったあとには、おそらく日本人そのものが放射能汚染を受けたものと風評被害が立つのではないかと見ています。

こうなっては、いくら口で説明したところで納得してもらえるとは思えません。
人間は自分に都合の悪いことは隠そうとするものだから、放射能で汚染されているのを隠しているのが当たり前だと思い、口で言うほど、不信を呼び起こすことになる気がします。

だから、証拠を見せる必要があると考えます。
一番いいのは海外へ行く日本人全員に、簡易型でいいから放射線を測ることの出来る装置を渡し、不安がる人がいたらその目の前で、相手と自分の放射能の状況を見せることでしょう。その装置もIAEAなど第三者的な国際機関が認証したものが望ましいです。
これが無理というなら、せめて空港に放射能を測定する装置を置き、外国へ行く人に対しては日本人外国人問わず、放射線の値がどうであるかを示し汚染されていないという証明書を渡すべきでしょう。
そうでないと、個人レベルで宿泊拒否などされかねないと思いますよ。。。

個人的には、放射能は目に見えるものでなく、日本の中にいてさえ不安を感じているのだから、海外へ行く人だけでなく、国内にいる人特に避難圏の周囲にいる人にこそ、放射線を測ることの出来る装置を持たせるべきと思いますね。

風評被害は不安の現われ。
大丈夫だと唱えるより、安全なのだと証明する方が「早く・確実に」世界に対する日本と日本人の立場を守ってくれるものと思います。

うーん、
でもやはり風評被害もそこまでは悪化しないかなー。。。各国が不安鎮圧に協力してくれることを祈ります。
スポンサーサイト
本日のニュースに思うこと・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 |

日本は必ず大地震を乗り越えられる

タイトルは今朝見た日経ネットの記事とちょっとかぶせてみました(^^)

今日も今日とてお仕事の日です。
たとえ大震災があろうとも、普段の仕事になんら変わりはないわけで、、、。
ただ、今回の大震災の影響もちょっとはありました。

購入する物品のめどが立たないということで、昨日断られかけたのです。
物流のストップも然る事ながら、復旧の見通しがまったく立っていないという理由です。
ところが、今日になったら被害を受けた製造工場の見通しが立ちそうなことを言ってきたところがあるのです。

はっきり言って驚きましたね。
昨日の今日で復旧してくるんですから!

被災してから、これまでも懸命に復旧作業はしてきていたんでしょう。
けれど壊滅状態だと説明された工場?で、見通しが立ちそうだという見通しが、わずか一週間で立つというのは、ものすごいことじゃないでしょうか!

最近は人や技術の流出が問題視されたり、跡継ぎがいなくて技術が継承されないという話を聞いたり、便利な機械のおかげで素人でもさまざまな仕事が出来るようになって職に精通する職人が少なくなったっぽい印象を持っていましたが、今日のこと出来事で、日本はすごい!と思いました。

これなら日本は、被災地は絶対に復興出来る!
そんなふうに思いました(^^)

がんばれ日本!p(^^)q


ちょっと思ったこと | コメント:0 | トラックバック:0 |

東日本大震災

今回の地震は、大変な津波被害となりました。
まずは災害に遭われた方にお見舞いを、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

自分のいるところは内陸部のため被害は大したことはないといっていい程度のものですが、それでもいろいろ考えることがありましたので、つらつら書いてみたいと思います。

1、停電について
最近は地震などにより停電があっても一日でほぼ復旧するため、電気がないことへの不安が高まっていると思いました。停電を経験したのはほぼ2日間でしたが、自宅に懐中電灯・ロウソクがありかつ電気を使用しないストーブがあってさえ、落ち着かない夜となりました。

電気は水道ガスと並んで3大ライフラインの一つと言えると思いますが、生活における電化製品の割合が大きくなりすぎている気がします。コンビニ、スーパーでパンとおにぎりが真っ先に無くなるという話は、つまり自宅に米の余裕がないというだけでなく、お米を炊くのは電気ジャー、調理器具も電子レンジや電磁調理器しか方法がないという人が多くなっているからではないかと思いました。

そして、普段の灯がないというのも不安ですが、情報をテレビ・インターネットに頼っているため、停電=情報からの遮断を意味するというのもキツイです。
iPhoneを持っていたおかげでネットにつないで情報を得ることができ、友人と連絡を取ることもできましたが、もし持っていなかったら、連絡が取れたのはかなり先になったかと思います。これが沿岸部などの被災が大きい地域にいた場合、不安などはとんでもなく大きいだろうと思いました。
今回のような広域災害では、行政が十分な広報できるかどうかも分からないわけで、、、普段あふれるほどの情報に接しているだけに、被災者して情報が得られないとなると、とにかくキツイですね。

また職場の同僚にオール電化の家を建てた人がいましたが、自宅で太陽光発電をしているにも関わらず、こういう時に自宅で電気が使えないようです。ちゃんとは確かめませんでしたが、、、。
このような場合、停電した途端、他のライフラインがOKでも即避難しないといけない状況に陥りそうです。。。
災害に弱い家といえるかもしれないですね。

2、津波について
今回は1,000年に一度あるかないかという巨大地震および津波ということで、被害が大きくなるのもむべなるかな、ではありますが、とは言っても、もっと被害を小さくする対策はとれたのではないかという気もします。

TVの中で、木造住宅は津波に耐えられないという話が出ていました。
これを聞いた時、自分は、港の側、あるいは住宅群と海の間に、防波堤の様に鉄筋のビルをいくつも建てて津波の威力を弱める対策がとれなかったのかな?と思いました。このアイディアは別に自分のオリジナルではなく、都市部の火災対策で行われているのを津波にも使えるのではないかと思っただけではありますが。
でも津波の恐ろしさは、大量の水の威力も然る事ながら、破壊された家屋や水に浮いた車などの大きく重い物体が流され他にぶつかることによる破壊力も大きいはずです。
その威力を弱めるものとして、またその到達の早さに対する避難所として、鉄筋のビルを要所要所に用意することは考えられなかったのでしょうか?疑問です。

そして、巻き込まれた人たちに対する対策ですが、、、
個人で使えるものとして、船に乗る人には救命胴衣の装備が、火災に対しては消火器が、地震にはヘルメットがありますが、津波の場合には何もないのでしょうか?
他の災害と違い、巻き込まれたら即お終いというのでは、情報化社会にあってあまりにも無力すぎだし情けなさすぎると思います。
津波に巻き込まれてまずいのは、浮かんで流されている破壊された家などの破片にぶつかられること、そして水の流れに伴う強力な渦に巻き込まれることでしょう。
水に飲み込まれても体をガードしかつ水に浮かぶことができれば、かなり助かる人も出てくるのではないかと思うのですがねぇ。
津波が起こったら、丈夫な浮袋がいくつも、エアバッグのように自動的に自分の周囲を取り囲むように展開される津波浮袋みたいなものがあったらいいんじゃないかと。。。そんなものが作れないかと考えてしまいました。

3,救援のための余裕とは
地震から3日。
ご飯は食べられたし暖も取れたし、自分のいる地域は被害は停電だけといえるほど沿岸部に比べると軽微なものでした。
にもかかわらず、今振り返ると、停電が復旧し心が落ち着くまで、たくさんの被害状況の大変さがニュースから聞こえてきていても、目の前のこと以外には反応出来ていなかったと気がつきます。
これでふと思ったことは、どんなに軽微であっても被害に遭っていると、ボランティアでもなんでも、誰かを助けに行くなどということは無理だなということ。
被害のひどい地域の方に早く救援の手が届くことを願う心はあるのですが、自分自身では動けない。
被害の大きなところへ早く救援を送る必要があるのは確かですが、軽微だからといって放っておいては助けの手を伸べられる人を増やすことはできないなと、思いました。
逆説的ですが、被害救済のためにも、被害に遭わない地域を作る、あっても早く救済されることが重要だなと思いました。
物資調達を考えても豊かでないと支援は厳しいと思ったので、物心両面で豊かな国を目指せ日本!などと考えてしまいます。。。
とにかく早いところ困っている人たちのために、ライフライン等いろいろ復旧して欲しいものです。

まあ、とりあえずこんなところで。。。
無事連絡をかねた天音よりでした。
本日の見たり聞いたり | コメント:4 | トラックバック:0 |

日本の政治家が大間違いだと思うこと

 先日、民主党政権で内閣の改造が行われて、今朝の新聞では内閣支持率があがったとありましたが、、、。
まぁ、期待したいという気分は理解できるのですが、こんなコロコロ変わる数字が本当に支持している数字なのかなぁ?と思ったりします。

 さて、いわゆる政治家って何だと思いますか?
自分は、職業だと思います。
なぜ?
だって、お金もらって仕事してる訳でしょう?
通常の仕事のように、「働く時間が決まっている」「やることの範囲が誰かに、もしくはなにかに決められている」という訳ではないですが、ついでに「政治活動するための議員になる条件が選挙で当選すること」という特殊性はあるでしょうが、
結局のところ、
「何らかの仕事をして、お金と満足(達成感)を得ている」
という点において、通常の職業と変わらないものだといえると思うからです。

その点から見て思うことは、日本の政治家って仕事をしてくれるという期待を基準に選ばれていない、ということでしょう。
いえ、一応は、選挙で民主党が選ばれたように期待が投票を左右してはいます。
ただそれが、議員が仕事に責任を持つということに直結していないだけで。

選挙で選ばれる政治家は、選挙で選ばれることが基準で、それがゆえに国民のためにどんな仕事ができるか、どんな仕事をやろうとしいているのかという基準になっていない、と自分には見えます。

日本の政治は、人気投票をやっているように見える。
それが、日本の政治家が大間違いだと思う理由かもしれないですね。

管氏の発言を見ていて、「小沢氏のことなんてかまっていないで、日本の何をどうするのかという具体的な方針と方策を出してくれ!」と思う天音さんでした。
全然期待してないな、自分。。。
本日のニュースに思うこと・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 |

穏やかな天気ではあるのですが・・・

大晦日の31日から大荒れの天気となり、年明けである元日は、まず20センチほど積もった雪を片付けることから始まった1年でしたが、、そのあとはかーなーり穏やかな天気が続いています。

それはまぁ、穏やかな天気にこしたことはないのですが、、、こんなに穏やかでだいじょうぶなのか?と思うのは自分だけでしょうか。
まぁ西日本が北国以上に大雪という異常事態なわけなので、ここで穏やかだーとのんびり構えているのも、それはそれで違っているのでしょうが。。。

しかし、そもそも。
「穏やか」と言うのは、つまり安定しているということ。
何がその異常さを安定させているのかというところに目を向けて欲しいなと、テレビの解説に望むのは間違っているんでしょうかねぇ。
まぁ、気象予報でそんなことを追求した日にはある意味ハタ迷惑なのでしょうから、、、それを考える自分が間違っているのかもしれませんが・・・。

それにしても、ここしばらくのいわゆる異常気象は北極海近辺の温暖化が原因ではないかという気がします。
昨年の夏の異常な暑さの原因として、高緯度側のジェット気流によるブロッキング現象が挙げられていましたが、その位置を決めるのが地上からの熱放射。北極圏の気温分布が変わったせいではないかと思うわけで。
このささやかな疑問の答えを、どこぞで答え合わせできるところはないものか・・・。

1月ってこんなに温かかったかなぁと思うと、穏やかな天気を素直に喜ぶ気分になれない自分でした。
ついでにいうなら、見せかけの穏やかさでインタビューであーでもないこーでもないと言っている政治屋さんを、天気と同じくらい、こんなんでいいのかと白い目で見ていたりする天音さんでもありました・・・・・。
ちょっと思ったこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。